春田産業株式会社 本文へジャンプ
沿革


昭和20年 10月 大阪市東成区大今里南1-3-7において春田末治郎個人にて開業
11月 古河電気工業株式会社大阪伸銅所臨時販売部開設と同時に取引開始
昭和21年 7月 古河電気工業株式会社大阪販売店再開に伴い指定問屋となる
昭和24年 2月 資本金300万円にて株式会社春田末商店設立取締役社長に春田末治郎就任
昭和34年 10月 資本金1,000万円に増資
昭和38年 2月 群馬県邑楽郡大泉町に大泉出張所開設
昭和40年 10月 資本金2,000万円に増資
昭和42年 9月 商号を春田産業株式会社に変更
10月 資本金3,000万円に増資
昭和43年 3月 東京都品川区東五反田に春田ビル新築完成、同時に東京支店開設
10月 取締役社長春田末治郎死去に伴い春田英男が取締役社長に就任
昭和44年 1月 本社第二倉庫新設
昭和53年 5月 大阪市東成区に本社社屋と倉庫を新築移転
昭和56年 6月 栃木県宇都宮市に宇都宮出張所開設、大泉出張所を営業所に昇格
9月 大泉営業所事務所及び、倉庫を新築移転
昭和59年 5月 大泉営業所内に配線材加工品工場開設
昭和61年 6月 配線材加工品工場が春田電子株式会社として分離独立
7月 シンガポールに出張所開設
昭和63年 7月 資本金2億円にて新発足し、大泉営業所を春田金属産業株式会社として分離独立させる
10月 シンガポール出張所を「春田エレクトリックシンガポール」として現地法人化する(HES)
平成2年 1月 本社立体自動倉庫新築
6月 現地法人「春田トレーディング・タイランド」を設立(HTT)
平成5年 11月 東京支店ビル(春田ビル)を取り壊し、跡地に10階建テナントビル完成(高輪台グリーンビル)同時に10階にて東京支店営業
平成6年 3月 春田電子株式会社新社屋完成
4月 HESを発展的解消後シンガポールに現地法人「春田メタル・シンガポール」を設立(HMS)
平成7年 6月 春田電子株式会社にて新鋭実装機設置
10月 創業50周年春田金属産業株式会社立体自動倉庫新築
平成8年 3月 本社社屋4階部分増築、完成
平成12年 2月 春田電子(株)ISO9002 認証取得
4月 春田産業(株)資本金3億500万円に増資
10月 春田産業(株)ISO14001 認証取得
平成15年 10月 現地法人「青島春伸貿易有限公司」設立
平成17年 10月 創業60周年
11月 現地法人「上海春伸銅制品有限公司」設立
12月 本社に縦型立体自動ラック導入
平成19年 4月 「春田メタル・シンガポール」を閉鎖(HMS)
8月 春田産業(株)ISO9001 認証取得
平成21年 3月 「春田 トレーディング・タイランド」を閉鎖(HTT)
8月 宇都宮出張所閉鎖